初心者向けの楽譜いろいろ

今回の入荷は優しい曲の楽譜が中心です。 ダカン ドビュッシー アルベニス ブラームス シュトラウス etc... 子供向けのアレンジもあります。 昔の人って、今ほど豊富に教材がなかったでしょうから、いろいろ苦労して演奏法を身につけたのでしょうね。 もちろん、今使っても十分楽しめる楽譜です。
Read More

国内外の楽譜を入荷

フランスの輸入楽譜を入荷しましたよ〜。今回は教材が多いです。ハノン、ツェルニー、タンスマンの幼児向け楽曲など…。クラシックはデュラン版のベートーヴェンピアノソナタ第8番「悲愴」、シューマンの子供の情景などなど…。20世紀前半のアンティーク楽譜が多数です。 国産楽譜も負けていません。名曲楽譜を多数入荷しています。国内で入手されたとみられるマイルス・デイヴィスの輸入譜も面白いですね。有名書店のスタンプが押されています。 入荷ぎ続いて登録作業が遅れ気味ですが、地道に進めていきますので、よろしくお願いします。
Read More

ラ・スメーヌ・ド・シュゼット1948年

フランスの漫画雑誌、スメーヌ・ド・ジュゼットをご紹介します。日本でいうところのサザエさんくらいフランスの皆さんが知っている「ベカシーヌ」ちゃんが掲載されている雑誌です。1948年のものですが、創刊はもっと昔から。1900年くらいのものだとメロディ譜が掲載されていたりするんですけどね。ドビュッシーやサティが生きた時代に出回っていた出版物って、どんなものかな、と思って取り寄せたのが始まりでした。これはもっと後の時代のものですが。 クロスワードパズルに子供が答えを書き込んでいます。どんな子がどんな部屋で読んでいたのでしょうね。そんなことを考えるのが楽しいです。
Read More

モーツァルト ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調 K.466

楽譜を入荷しました。今回の目玉はタイトル通りモーツァルトのピアノ協奏曲20番です。全音のピアノ2台4手。フルオケよりもピアノ譜が欲しかったです(もちろん商品です!!)。 特に二楽章が美しくて、ずっとファンで憧れてました。少しさらってみようと思います。 演奏は、エドウィン・フィッシャーとアンドラーシュ・シフのと2通りCDを持っています。エドウィン・フィッシャーのレトロな録音が好きです。 楽譜も手に入ったし、コンサートで生で聴いてみたくなりました。 その他、バッハ、モーツァルト、シューベルトのクラシック音楽や、シャンソンの楽譜を多数入荷しています。 お楽しみに。
Read More

トスティの楽譜入荷〜榕樹書林

フランチェスコ・パオロ・トスティの歌曲、Addio!とIdealeの楽譜を入荷しました。1950年代のリコルディ版です。旋律の天才と呼ばれたトスティの名曲をヴィンテージ楽譜で演奏してみませんか? 今日は宜野湾市の榕樹書林さんにお邪魔してきました。沖縄の本中心の本屋さんでとにかく密度がすごい!!移動もままならないほどの本の量でした。
Read More

ジャズの楽譜入荷

ジャズの楽譜を大量入荷しました。20世紀前半のアメリカやフランスには、ミュージカル、ジャズ、シャンソンなどのポップミュージックの楽譜が曲単位で販売されていたようです。レコードの普及がそこまで浸透していない頃は、好みの音楽は演奏して楽しむという習慣があったのでしょう。どこかで聞いた音楽を手軽に再現できる仕組みが無い時代だったから、音楽を伝える唯一の媒体である楽譜を頼りに音を奏でてその感動を再現していたんですね。素敵です。 ちなみにクラシックのエチュードなども含まれているようです。 写真の楽譜は入荷したものの一部です。随時アップして行く予定です。これらの楽譜で演奏して、当時の音楽家達の感動を共有してみませんか? 空いた時間を利用して、大型店舗で本を購入してきました。いやあ、大きいお店はやっぱりすごい。目が回るようです。当店にこの規模はとても真似できませんが、ここでは見つけられない個性豊かな楽譜、本をたくさん集めていきたいと思います。
Read More

ラフマニノフピアノ協奏曲第二番 他楽譜多数

ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番、中級者向けアレンジ版が入荷しました!一楽章から三楽章まで収録されています。 これはいい!無理のない難易度でこの曲のハーモニーを感じて弾ける手軽さが嬉しいです。 しかも表紙のイラストがいい!コンサート気分で味わえます。 まあそんなよいしょはホドホドにしておいて、 一流の名曲を全楽章まとめて手軽に楽しめるのは魅力的ですね。 そしてその他にもたくさん入荷しました。オスカーピーターソンの採譜とかいいですね。ちびまる子ちゃんも何気に楽しめますよ。 近日アップします。
Read More

小雨堂

今日は浦添市の小雨堂さんを訪ねてきました。沖縄の本、絵本を中心に、空手の本、フィギュアなど、バラエティ豊かに古書を扱っています。 とにかく本の量の多いこと!レンタルビデオ店やCD店などの情報量など、本屋さんのそれに比べたら雀の涙ほどしかないでしょうに、それを取り扱う本屋さんってすごいなって思います。 先日の言事堂さんもそうですが、ある程度ジャンルを絞っても一店舗分の書籍が集まってしまう。人間の知識の記録って、大変エネルギーのある所業です。 エネルギーをいただいてきました。ありがとうございました。
Read More

ヘッダー画像

トップページにもう少し装飾を加えたくなったので、ヘッダー画像を加えてみました。その写真撮影にだいぶ時間がかかってしまいました。で、出来上がった画像の一つが左の楽譜を並べたものです。他には古い楽譜の表紙を映したものと、音楽関連和書の背表紙を写したものを使用しました。 しかし本来ここでお見せしたいのはお店の雰囲気です。そおの雰囲気がなかなか写真に収められないので苦労しています。 理由はここがピアノ修理工房だから・・・。 これだけの空間があればかなりの量の本や楽譜を置けるのはわかっているのですが、ピアノ店と共存しているためなかなかそれができません。上手に空間を活用することが課題です。 いろいろとアイディアはあるので、時間を見つけて実現していきたいと思います。
Read More

言事堂

那覇市にあります、美術関連古書専門店の言事堂(ことことどう)にお邪魔してきました。 言事堂さんは南国ピアノ芸術というピアノ屋さんが古書店を始めてみようと思ったきっかけとなったお店です。そして、音楽史にも関わる美術関連本などがあったら時折購入したりもしています。 一口に美術とは言いますが、絵画、彫刻、写真などの作品の他にも思想だったり歴史や哲学など多岐にわたり深い世界だなあと感動します。そして絵本や小物なども置いてあったり、展示会やイベントへの出品など、本屋さんにとどまらず活発に動いていらっしゃいます。 本屋さんの先輩としてアドバイスをいただいてきたのですが、今回もとてもいい勉強になりました。 公設市場に近いところにあるので、観光で沖縄にいらした方も立ち寄るそうです。那覇市へ足を運ぶ際には是非どうぞ! 言事堂
Read More