ビル・エヴァンスの左手(ソロピアノ)

ビル・エヴァンス IN YOUR OWN SWEET WAYの楽譜のサンプル映像を作りました。Alone(Again)収録の同曲の5分40秒あたりからの演奏を抜粋したものです。あちこちで言い訳しているのですが、エヴァンス本人の演奏はテンポ185くらいの速い演奏なのに対してつたない演奏で失礼します。ぜひ楽譜をご購入いただき、この動画より素晴らしい演奏を披露していただければと思います。 さて、この採譜からエヴァンスのソロピアノでのスタイルを一つご紹介いたします。 大譜表の下の譜表に注目していただくと、ところどころ左手が2声に分かれているのがわかるかと思います。このようにエヴァンスはインプロヴィゼーション中、右手のメロディを弾くパートとコード、ベースの3つのパートに分けて演奏していたようなのです。いわゆるフィンガーペダルという奏法ですね。 ラジオのインタビューで、ソロとトリオのどちらが好みかとの問いに「ソロが好きだけど自分はそこまで技術がないから」と答えていますが、いやいやいやいや、十分複雑なことをしていますよ。 まあ、ポリリズムや独特なリハーモナイズなどの難解な音楽を即興で作るだけの能力があるのだから、「そのくらいはやるよなあ」というあたりまえ感もありますが、世界に名をとどろかせたピアニストはさすが偉大です。
Read More

全音・半音以外での音階の定義

インターバルを実際のスケールあてはめてみましょう。そうすることで、これまで全音と半音の組み合わせで解釈していたスケールをさらに詳しく理解できます。 上記のスケールにおいて全て共通するのは、 2度はメジャー 4度はパーフェクト 5度もパーフェクト ということです。 メジャースケールとマイナースケールを分ける一番の違いは3度にあります。文字通り、メジャースケールでは3度はメジャー、マイナースケールでは3度はマイナーです。 6度、7度についてもスケールによって違いがありますが、これは表にすると以下のようになります。 12345678 MajorUnisonMMPPMMOctave natural minormmm harmonic minormmM melodic minormMM この次の項目では、色々なインターバルを見分ける練習をしたいと思います。 【目次へもどる】
Read More