メジャースケール(長音階)とマイナースケール(短音階)の仕組みがわかったところで、実技、つまり実際の練習の方法の解説に移りたいのですが、その前にもう一つ。

メジャースケールの項目でも述べたとおり、メジャーでもマイナーでもカラオケでキーを変えるように、キーを変えて自在に弾けるようになるのが大切で、それができたら後がとても楽です。

そして、そのキーとは全部で24パターンあります。加えて、キーは日本語では「調」と呼びます。

メジャースケールを構成する「型」とでもいいましょうか、文字通り鍵となるキーをメジャーキー(長調)とよび、
マイナースケールを構成する型となるキーをマイナーキー(短調)といいます。

長調が12、短調が12あって合計24です。
12というのは、1オクターブに含まれる音の数です。1オクターブを構成する12の音それぞれを始点とするキーを長短それぞれ作れるので24になるのです。

先に説明したメジャースケールのドレミファソラシド、またはナチュラルマイナースケールのラシドレミファソは、いずれもピアノの白鍵上のみで織りなすスケールです。これをカラオケでいうところの半音上げる、下げる、を実行すると、黒鍵が混ざって複雑になります。

白鍵黒鍵が混ざったキーを全24種類も覚えるのか、と思うと気の遠くなる話かもしれませんが、これもパターン、法則を知ることで近道ができます。

それではそこへたどりつくための第一歩です!

24のキーを自分で作ってみましょう。

以下にそのワークシートを用意しました。先の記事でメジャースケールでの全音・半音のパターン、マイナースケールでの全音・半音のパターンは紹介してあるので、それを参考にワークシートにスケールを書き込んでみてください。

【手順】


このリンクからPDFファイルを表示してプリントします(scale_worksheet.pdf)。

1〜2ページ目はメジャースケール、3〜4ページ目はハーモニックマイナースケール、5〜6ページ目はナチュラルマイナースケールです。それぞれスケールの始点の音にだけチェックが入れてあります。

写真には例として白鍵のみのスケールを書き込んでみました。あえて赤で色付けしましたが、鉛筆でチェックなど、印は自由です。これを参考に、全音、半音のパターンを使って、指定された音を始点にスケールに該当する鍵盤にチェックを入れてみましょう。追加ルールとなりますが、2オクターブ記入しましょう。

ドレミファソラシドレミファソラシド

のように。次の項目と後の実技練習で役立ちます。

実際にチェックを入れたスケールをピアノで音出ししてみましょう。指1本ずつでもいいので、順番に音を出してメジャースケール・マイナースケールを上昇〜下降、つまりドレミファソラシド〜ドシラソファミレド〜と上から下から両方弾いて歌ってみてください。次の項目でスムーズに弾く練習方法を紹介します。

ワークシート中では黒鍵を支点としたキーも作る必要があります。黒鍵はシャープ(♯)かフラット(♭)のいずれかになりますが、現時点ではそれは気にしなくていいです。単純に全音・半音の法則にしたがってスケールを組み立ててみてください。それぞれの名称は後ほど解説します。

【タイムリミット】

初めて音楽理論に触れる人にとっては、結構なエネルギーを消費するチャレンジになると思います。あわてず、自分のペースで進めてください。集中力が続かない、という人は1日1キー、1日2キーなど小さいノルマを設定して、何日後に完成させるか計画を立てるのもいいでしょう。

【ヒント】

ドレミファソラシドがメジャースケールであるのに対して、マイナースケールはどこから始まるのでしょうか?このパターンを思い出せば結構時間短縮できるはずです!詳しくはマイナースケールの項をご覧ください

【注意!】

この項目の目的は、全音と半音のパターンを理解することで、全てのキーを覚えることではありません!キーの覚え方は別に方法があるので、まずは全音・半音の並びを埋めてみてください。

答えは次の記事で!

分からないことがあったら、メールでご相談、もしくはコメントまでお寄せください。こちらの解説に不備があれば本文を訂正します。

【目次へもどる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です