当店出版物となる最新作、ビル・エヴァンスとエディ・ゴメスによる「Invitation(インヴィテーション)」楽譜の原稿が出来上がりました。

念のためにもう一回確認してから入稿となりますが、ゴールはもう目の前です。

具体的な内容は完成したときにあらためてご紹介するとして、今回はちょっとだけ編集裏話(^^)。

おかげさまで印刷についても多少知識があったのでこうして製作を進めていけるのですが、校正以外一人でやっているとたとえ1曲でもたやすくはありません。順番としては、

著作権確認
聞き取り、採譜
記譜
著作権許諾手続き
表紙など楽譜以外の製作
音楽的な校正(ここは演奏家の方とコラボ)
見やすさの校正
色校正(単色でもあるんです…)
印刷屋さんと打ち合わせ
印刷
完成チェック

他にもまだあるかもしれませんが、ざっとこんな感じです。

見やすさと色の校正は、楽譜ソフトでは限界があるのでアドビイラストレーターを使っています。楽譜ソフトでもできるのでしょうけど、イラレの方が慣れていて早いのです。印刷屋さんとのやりとりでもこちらの方が早いですし。

以上は製作の話ですが、その先には広報・営業というフェーズがあって、さらに海外での販売も目指しているのでそうなると著作権がさらに複雑になって大変。まだ海外までは販路が伸びていませんが、世界のジャズですし、目指していきたいと思っています。

さて、ようやくここまでたどり着きました。まだまだ作りたい楽譜はたくさんあるのに!

地道に頑張ります。

ここでしか手に入らないビル・エヴァンスの楽譜の販売ページはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です