《続》三和音

メジャーキー上での三和音の続きです。

Iの三和音がメジャートライアド、IIの三和音がマイナートライアドであることを解説しました。それでは、III、IV、V、VI、VIIはそれぞれどうでしょう?確認の方法は前項で述べたので、ここでは以下に回答を記したいと思います。

  • III: マイナートライアド
  • IV: メジャートライアド
  • V: メジャートライアド
  • VI: マイナートライアド
  • VII: ディミッニッシュトライアド

さて、ここで見慣れない名前がリストアップされています。VIIのディミニッシュトライアドです。この三和音がどういうものなのか、それぞれの音を検証してみましょう。

Cメジャースケール上の7番目の音、Bをルートとした三和音を構成しているのはB-D-F。Bメジャースケール上の3度はD♯。この和音の3度はDなので、D♯より半音低い。別の言い方をすれば、Dはbマイナースケール上の3度なので、この三和音の3度はマイナー3rdとなります。

次に、この三和音の5度はF。Bメジャースケール、bマイナースケール、それぞれの5度はF♯。半音低いFはディミニッシュ5th(diminished 5th、減5度)ということになります。

このように、3度がマイナーで5度がディミニッシュの三和音をディミニッシュトライアドといいます。メジャースケール上の7番目の三和音はいつもディミニッシュトライアドです。

以上でメジャースケール上の7つの三和音をメジャー、マイナー、ディミニッシュの3種類に分類してみました。これを音楽理論で使うローマ数字で書き出してみると以下のようになります。

I ii iii IV V vi vii⚪︎

メジャーは大文字、マイナーは小文字、ディミニッシュは小文字に小さなマルが付きます。

ちなみにこれをナチュラルマイナースケール上の7つの三和音に変換すると以下のようになります。

i ii⚪︎ III iv v VI VII

6番目の音が1番になるため、このようにメジャーとマイナーが入れ替わります。しかしこれはあくまで公式のようなものて、実用的なコードはまた少し変わります。ハーモニックマイナー、メロティックマイナースケールをハーモニーと絡めたときの用法がそれにあたりますが、詳しくはまた後ほど解説します。

さて、ここまでが前項の冒頭でお話しした③コード=単語のお話です。次は単語を繋げて文節にしてみたい、と思うのですが、その前にもう少しコードにカラーを加えるエッセンスをご紹介します。

《前の項へ》

【目次へもどる】

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です